困難に直面する方々に滞在先やリソースを提供などの支援をとおして「思いやりの輪」を広げていくことを使命としています。
Airbnbは8年以上にわたり、オープンホームを通じて緊急事態発生時に支援を必要とする方々をサポートしてきました。それに続く取り組みがAirbnb.orgです。Airbnb.orgは、独自のミッションと理事会を有する501(c)(3)非営利団体です。

活動内容

非営利団体との連携

Airbnb.orgは、緊急事態の発生時に、被災者に一時避難・滞在先、リソース、専門的支援を提供する非営利団体に支援金を提供します。また、Airbnbのホストコミュニティは宿泊施設を無償または割引料金で提供しています。

公正な世界の実現に投資

Airbnbは自社の力とリソースを活用することにより、さらにより公正な社会の実現に貢献できると考えています。Airbnb.orgは、より公正なコミュニティを目指す戦略と事業を推し進める組織に投資します。

効果を測る

Airbnb.orgでは、心理社会的なウェルビーイングの向上、経済的負担の軽減、ゲストコミュニティの団結力の強化や居場所づくりに、助成金や住居提供プログラムがどれほどインパクトを与えられたかを評価することを目指します。

パートナーシップと助成金制度

Airbnb.orgでは現在、助成金リクエストを受け付けておりません。2021年には、対象となる非営利団体に対し、助成金制度に関する情報を直接お伝えさせていただきます。

Airbnbとの連携体制

Airbnb.orgは、内国歳入法第501条C項3号に基づく、公的に支援を受ける独立した非営利団体です。Airbnb.orgはその慈善目的を達成するために、民間企業であるAirbnbの技術、サービス、その他のリソースを無償で活用します。慈善団体であるAirbnb.orgと民間企業であるAirbnbは、それぞれに独立した組織です。民間企業であるAirbnbは、Airbnb.orgプラットフォーム上で予約された宿泊先にはサービス料を請求しません。

オープンホームは、一時避難・滞在先を必要としている方々が宿泊先を見つけられるよう、心優しいAirbnbホストの方々のご意見を受け、Airbnbが設立したプログラムです。このプログラムは現在Airbnb.orgに移行中です。Airbnb.orgは、その慈善活動の目的とミッションに沿ったプログラムを推し進めてまいります。